機械は所詮機械でしかない? | 疲れはそのままにしてはいけません。出張マッサージで癒そう!
menu

機械は所詮機械でしかない?

カウンセリングをしている男性

車や電化製品の進化はものすごいですよね。昔は動くだけでも感動していたような時代だったのに、今はいかに便利でエネルギーを抑えることができるかの争いになっています。そんな数多くの製品の中が進化していく中でマッサージチェアはいまいち人気もないように思えます。
かつてはテレビのコマーシャルも多く放映され、人気の商品ではありました。全国の家電量販店でも看板商品になっていたでしょう。
しかし、今はそんな面影すら無いかのような状態になっていませんか。お店には売ってはいますが、目立ったところにはおいていないでしょう。
そのようになったのは、このマッサージチェアという電化製品が機械だということに原因があります。機械はやはり人の作ったモノでしかありません。
どれだけ技術が進化しても、動く範囲や力の加減にも限界というものがあります。また、人の手ではないというのも大きく関係しています。
このように機能に限界があると、どうしても身体は慣れてしまうものです。そのせいで、買って間もないうちに使わなくなり、単なる椅子になってしまうのです。なので、今後もこのマッサージチェアが人気になるということはちょっと考えにくいことかもしれません。
でも、マッサージそのものが人気がなくなるというわけではありません。マッサージ店はむしろ増えていく一方です。マッサージ人気はまだまだ上昇していきそうです。